記事の詳細

一般的な補聴器とは少し違うので、「みみ太郎」という名前を聞いてもピンとこない方も多いと思います。みみ太郎はシマダ製作所という会社が開発した集音器です。サービス開始から6,500名以上の方が愛用していて、みみ太郎のホームページの他に楽天市場などでも購入できます。※公式ページからでないと無料お試しはできません

みみ太郎と一般的な補聴器の違いは?

みみ太郎は一般的な補聴器や骨伝導タイプとは構造が違います。一般的な補聴器は、音の情報をデジタル信号に変換し、内部にあるアンプで増幅させてスピーカーから耳に音を伝えます。一方でみみ太郎は「人工耳介」を搭載することで、音を自然体のまま取り込んで増幅することで耳に音を届けます。

デジタル処理に頼らず、健康な耳に近い状態で聞こえるように支援してくれるので、一般的な補聴器と比べて雑音が大きくならず疲れにくいという利点があります。

みみ太郎は、骨伝導タイプのように骨を振動させて音を増幅させる補聴器とも違いますが、イヤホンが耳の骨に当たるので多少は骨伝導の機能も期待できます。なので、重度の難聴の方や鼓膜がない方でも試してみる価値はあると思います。

私が「みみ太郎」をお勧めする理由と感想

性能に関しては上記で書いたような感じですが、結局は使ってみないとわかりません。みみ太郎の魅力であり最大の特徴は、10日間の無料お試しができるという点につきると思います。

補聴器は耳鼻科医を受診することで一定期間試聴することができますが、色々と手順が必要ですし、はっきり言って価格が高いです。また年配の方には「年寄り」=「難聴」というイメージがあるため、耳鼻科医を無理に勧めると嫌がられることも多いです。

他社の集音器などは大手ショッピングサイトでも色々販売されていて、補聴器に比べて価格は安いですが、基本的に無料で試すことができません。いくら安くても、効果がなければ全くの無駄になります。

みみ太郎であれば、無料貸し出しを利用して自宅で気軽に試すことができます。効果があれば購入すればよいですし、効果がなければ返却して、その後に補聴器を検討すればよいのです。

    みみ太郎の悪い点

  • 補聴器とは違い、薬事法で定められた医療器具ではない。
  • 置き型タイプは少々サイズが大きく、持ち運びづらい。
  • 楽天市場経由だと無料で貸し出しができない。

    みみ太郎の良い点

  • 無料で気軽に自宅でお試しすることができる。(公式サイトの場合)
  • 音を自然体のまま取り込むので頭が疲れにくい。
  • 一般的な補聴器に比べて雑音が入りにくい。
  • 重度の難聴の方や鼓膜がない方でも効果が期待できる。
  • 高価な補聴器に比べるとリーズナブル。
  • 公式サイトでは利用者の声(口コミ)が見れて、掲示板での相談も可能。

もし自分が難聴で悩んでいたり、周りの方に耳の聞こえが悪いかたがいらっしゃるのであれば、一度10日間の無料お試しを利用してみることをお勧めします。みみ太郎のホームページからでないと貸し出しできないので、効果が確認できるまでは間違えて楽天市場などで購入しないようにしてください。わからないことがあれば、みみ太郎のホームページで気軽にお問い合わせしてみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る