記事の詳細

耳の仕組みに関する用語集です。

耳の仕組みに関する用語集
耳介外耳中耳内耳
蝸牛有毛細胞外耳道共鳴視床
扁桃体一次聴覚野古典的聴覚路Hz
dB

耳介(じかい)とは

耳介(じかい)とは、耳の外側の部分(皮膚と軟骨で形成されている手で触れる部分)のことを言います。人が発する言葉などの音は、耳介から外耳道を通って鼓膜に達します。

外耳(がいじ)とは

外耳(がいじ)とは、耳の外側の部分(耳介)から鼓膜までの外耳道(耳の穴、通り道)のことを指します。外耳道は、耳垢がたまる部分といえば分かりやすいかもしれません。

外耳で起こる疾患には、炎症が発生する「外耳炎」があります。悪化して「耳だれ」がひどくなると、外耳道がつまって難聴気味になることがあります。

中耳(ちゅうじ)とは

中耳(ちゅうじ)とは、鼓膜の奥にある空洞部分です。「ツチ骨」「キヌタ骨」「アブミ骨」という3つの小さな骨「耳小骨」があり、音の振動をさらに奥にある蝸牛へと伝えています。

中耳で起こる疾患としては「中耳炎」が有名で、多くの場合は耳管経由での細菌感染が原因です。子供に起こる難聴の多くは、中耳に液体が溜まる中耳炎「滲出性中耳炎」によるものが多いと言われています。他にも内耳炎には「急性中耳炎」や「慢性中耳炎」があり、いずれの疾患にも難聴の症状を発症する場合があります。

内耳(ないじ)とは

内耳(ないじ)とは中耳の奥にある部分で、聴覚に関わる「蝸牛」があります。蝸牛はリンパ液で満たされて、外耳・中耳から入ってきた音は、蝸牛のリンパ液を振動させることにより「有毛細胞」が電気信号に変換し、脳に音の情報を伝えています。

内耳で起こる疾患として「内耳炎」がありますが、これは「中耳炎」が悪化して内耳にまで及んだものです。内耳が原因となる難聴は「感音性難聴」と呼ばれ、有毛細胞の傷害や劣化が主な原因だと言われています。

蝸牛(かぎゅう)とは

蝸牛(かぎゅう)とは、耳の中にある聴覚を司る感覚器官です。カタツムリのような渦状になっていて、中学・高校の生物学では「うずまき管」とも呼ばれます。

蝸牛の内部は、リンパ液で満たされています。入ってくる音の振動でリンパ液が揺れて、その揺れから有毛細胞が大事な音だけを取捨選択して蝸牛神経に伝えます。その後、中枢神経(大脳)に情報が送られて初めて「音が聞こえた」と認識することができるのです。

有毛細胞(ゆうもうさいぼう)とは

耳の中にある蝸牛には様々な細胞があります。その中でも、音を認識するために不可欠な細胞として「有毛細胞(ゆうもうさいぼう)」があります。名前の通り、それぞれに数十本ずつ毛が生えている細胞です。

有毛細胞には「外有毛細胞」と「内有毛細胞」があって、その並んでいる場所によって担当する周波数(音の高さ)が決まっています。20ヘルツと500ヘルツでは同じ有毛細胞ではなく、それぞれ別の持ち場にいる有毛細胞が担当して働く様なイメージです。

一つの音、例えば「あ」という言葉の中にも複数の周波数が含まれています。それら全てを脳に伝えていたら、脳は許容範囲を超えてしまいます。そこで有毛細胞が、大事な音だけを上手に選んで蝸牛神経に伝えることで、耳に入る音を認識しやすくしているのです。

外耳道共鳴(がいじどうきょうめい)とは

耳介で集音されて入ってくる音は、外耳道で共鳴することにより音がさらに増幅され鼓膜へと伝わります。この現象を外耳道共鳴(がいじどうきょうめい)といいます。

密閉型イヤホンを使用する場合、耳に上手くフィットしていないと共鳴が不完全になってしまう可能性があります。共鳴が不完全だと、通常とは違う周波数の音が増幅されてしまい、耳鳴り、難聴、閉塞感の原因になることも多々あります。

視床(ししょう)とは

視床(ししょう)とは、大脳の中心部にある脳内に情報を伝達する入口にあたります。視覚、聴覚、体性感覚を中継する重要な役割を担っています。有毛細胞から電気信号に変換された音は、視床を通過した後に伝達経路を通って「言語野(言葉の理解や表現を司る部分)」に到達します。

扁桃体(へんとうたい)とは

扁桃体(へんとうたい)とは、アーモンド状の形をした神経細胞の集まりで、情動反応の処理と記憶において重要な役割を担っています。音が視床から一時聴覚野を経由せずに直接扁桃体に伝わると、「嫌な音」「楽しい音」というように音を感情的に受け止めるようになります。

一次聴覚野(いちじちょうかくや)とは

一次聴覚野(いちじちょうかくや)とは、音の情報を処理する領域です。視床を通過した音が「古典的聴覚路」を通ると、この一次聴覚野で「理解できる言葉」として整理整頓され、扁桃体に情報を伝えます。「非古典的聴覚路」の場合は、一次聴覚野を経由せずに直接扁桃体に情報が届きます。

古典的聴覚路(こてんてきちょうかくろ)とは

古典的聴覚路(こてんてきちょうかくろ)とは、視床を通過した後の音の伝達経路です。「古典的聴覚路」と「非古典的聴覚路」の2種類のルートがあります。

古典的聴覚路を通る場合は、一次聴覚野で言葉を整理した後に「扁桃体」や「海馬」などを通って「言語野(言葉の理解や表現を司る部分)」に到達します。一方で、非古典的聴覚路の場合は一次聴覚野を経由せず、直接「扁桃体」に情報が入ってきます。

人間の場合は、古典的聴覚路がメインとなるようにバランスが保たれていますが、加齢による難聴は非古典的聴覚路が作動しやすくなると言われています。音が整理整頓されないまま「意味不明な言葉」として扁桃体に入ってくるので、感情で音に反応するしかなく、結果的に「認知症」や「うつ」に発展してしまうケースも多々あります。

Hz(へるつ)とは

1秒間における空気の振動数を「周波数」と呼び、その周波数を表す単位のことを「Hz(へるつ)」と呼びます。人が聞き取ることができる周波数の範囲は20Hz~20,000Hzの間で、それ以外の聞き取れない音のことを「超音波」と呼びます。

周波数の高い音であるほど振動が高速になり、低い音であれば振動は遅くなります。高い音のほうが振動が高速で負担がかかるので、有毛細胞の劣化による難聴(老人性難聴)は、周波数の高い音から順に聞こえが悪くなります。

dB(でしべる)とは

Hz(へるつ)は音の高低を表す単位ですが、dB(でしべる)は音の大きさや強さ(音圧レベル)を表す単位です。難聴に関しては、だいたい30dB未満の音が聞こえるようであれば正常だと言われています。囁き声であればおよそ20dB、普通の会話であればおよそ60dBが音の大きさの目安です。

関連記事

ページ上部へ戻る