記事の詳細

補聴器に関する用語集です。

補聴器に関する用語集
アナログ補聴器デジタル補聴器耳あな型耳かけ型
ポケット型(箱型)RIC型IIC型骨伝導
補聴器相談医補聴器外来フィッティングオープンフィッティング
集音器人工内耳

アナログ補聴器とは

アナログ補聴器は、マイクに入った音声信号をそのままアナログ信号で増幅させます。雑音の処理などに限界があり、音量を大きくするとノイズ音まで大きくなってしまうのが難点です。

デジタル補聴器とは

デジタル補聴器は、マイクから入力された電気信号をデジタル信号で処理・増幅し、再びアナログ信号に変換して音を出します。音質の向上や雑音の処理に優れていて、環境の変化によって特定の種類・高さの音だけを大きくしたり小さくしたりもできます。現在はデジタル補聴器が主流で、現在メーカーから販売されている補聴器は、ほとんどがデジタル補聴器です。

耳あな型とは

耳あな型の補聴器は、耳の穴に収まるタイプの補聴器です。他のタイプに比べて目立ちにくいという特徴があります。音のマイクが耳たぶの中にあるので、集音効果が保たれて自然な音質を再現できます。

オーダーメイドの場合、装用者の耳の形に合わせるので、軽い運動であれば落下の心配もありません。一方で電池の寿命が短く電池交換の手間がかかることと、ハウリング(ピーピー音)が起こりやすいのも難点です。

耳かけ型とは

耳かけ型の補聴器は、耳にかけて使用するタイプの補聴器です。耳あな型よりも大きいので操作も扱いやすいです。対応できる聴力範囲が広いのも特徴。一方で耳にかけるため、眼鏡と合わせて使いづらく汗の影響を受けやすいのが難点です。

ポケット型(箱型)とは

ポケット型(箱型)の補聴器は、補聴器の本体にイヤホンを繋いで音を聞くタイプです。補聴器自体が大きく手元で調節できるので操作しやすいのが特徴です。電気も大き目のものを使うので、他のタイプよりも長持ちします。一方で、動くときにコードが邪魔になってしまうことが難点です。

RIC型とは

RIC型(receiver in the canal)型は、従来の耳かけ型補聴器のスピーカー部分を本体から分離して耳の中に置くことで、従来の耳かけ型補聴器よりもサイズが小さくなったタイプです。従来の耳かけ型よりも目立ちにくいのが特徴で、スピーカーが鼓膜に近い分、音質が良くなります。「外耳道レシーバー」「カナルレシーバー」と呼ばれることもあります。

IIC型とは

IIC型(invisible in the canal)とは、耳の外耳道に挿入して使う外から見えないタイプの補聴器です。先端部分が鼓膜付近までくるので、耳の型を取るのに高度な技術が必要とされます。また、耳の穴が小さい人には使用できません。日本ではスターキージャパンなどから発売されています。

骨伝導(骨伝導補聴器)とは

骨伝導(こつでんどう)とは、骨に振動を送ることで音を聞き取る方法のことを言います。補聴器にも骨伝導タイプのものがあり、鼓膜を通さないので伝音性難聴の方には特に効果が期待できます。感音性・混合性の場合でも耳の状態によって個人差はありますが、効果が得られたという方も多いです。

補聴器相談医(ほちょうきそうだんい)とは

補聴器相談医(ほちょうきそうだんい)とは、日本耳鼻咽喉科学会の専門認定医の中でも、補聴器に関する一定の研修を修了した医師が認定されます。補聴器の使用を検討しているのであれば、補聴器相談医の耳鼻科を受診されたほうが確実です。補聴器相談医の名簿は日本耳鼻咽喉科学会ホームページの以下のURLで公表されています。

http://www.jibika.or.jp/members/nintei/hochouki/hochouki.html

補聴器外来(ほちょうきがいらい)とは

補聴器外来(ほちょうきがいらい)とは、医療機関の中で補聴器を専門的に扱う専門外来です。補聴器外来には通常、難聴や中耳手術に習熟している認定専門医や、補聴器に関する専門的な助言や指導が出来る補聴器相談医がいるので、安心して補聴器の相談をすることができます。

フィッティングとは

補聴器のフィッティングとは、普通の声の大きさ(利得調整)、声の響き・不快感はないか(最大出力調整)、言葉の聞き取り・音のバランス(音質調整)などから周波数の幅を補正して、その人の聞き取れる範囲「聴野(ちょうや)」に合わせることを目的に行われます。

オープンフィッティングとは

オープンフィッティングとは、耳かけ型補聴器の中でも耳栓に隙間があるタイプのものです。これは軽度の難聴者をターゲットに考えられた仕組みで、自分の声が耳の中にこもらないようにあえて隙間を作ったタイプです。高齢者でも軽度の難聴であれば、周波数の高い音だけが聞こえ難い状態です。このオープンフィッティングでは、自分の聴力を生かしたまま、高い周波数の音のみを補聴器で補うことができます。

集音器(しゅうおんき)とは

集音器(しゅうおんき)とは、耳の聞こえを良くするためのものという認識でも間違いではないのですが、基本的に集音器は補聴器とは違い「医療機器」ではありません。補聴器は、効果や安全性などの指定された基準をクリアする必要があります。しかし、集音器に関してはそういった基準がなく効果や安全性の裏付けはありません。

集音器は医療機器として認定されているものではないので、補聴器に比べて価格が安く手軽に購入しやすいのですが、効果に関しては人それぞれなので何とも言えません。また基本的に作りが違うので、集音器で効果が得られなかったからといって、補聴器でも効果が得られないとは限りません。

人工内耳(じんこうないじ)とは

人工内耳(じんこうないじ)は、補聴器での効果が見込めない場合に選択できる一つの手段です。聴神経の終末、らせん神経に直接刺激を与えることで音を認識させる方法です。

埋め込みには手術が必要で、1ヶ月~2ヶ月のリハビリが必要になります。補聴器が音を増幅するのに対して、人工内耳は内耳の損傷を受けている場所の変わりに脳に信号を送る働きをします。

関連記事

ページ上部へ戻る