記事の詳細

一般的に、補聴器が故障する要因として、使用頻度、手入れ不足、湿気やホコリなど汚れの影響を受けやすい環境での使用、汗による影響、水に落としてしまうことなどが考えられます。補聴器は医療機器なので、調子が悪いからといって勝手に分解してはいけません。故障には修理をお願いしなければいけないので、購入時には保証期間についても必ず確認しておいてください。

またどんな機械でも、購入すればそれをずっと使い続けることができるというわけではありません。補聴器に関しても同じで、長く使用するためにはきちんとメンテナンスをする必要があります。一般的な補聴器の寿命は5年程度だと言われていますが、定期的にメンテナンスすることで、より長く使用することができるようになるかもしれません。

タイプ別に見る、補聴器のメンテナンス方法

    耳あな型の補聴器

    耳あな型は、比較的故障が少ないタイプの補聴器です。一番気をつけておかなければいけないのが耳あかで、マイクロホンの穴の部分が耳あかで塞がってしまうことがあります。マイクロホンの穴が塞がると音が小さくなったように感じるので、きちんと掃除することが大切です。たいていの機種には耳あか防止フィルターが付いているので、フィルターをこまめに交換することが大切になります。

    耳かけ型の補聴器

    耳かけ型は、特に汗による影響を受けやすいタイプの補聴器です。耳の裏側(耳にかける部分)は汗をかきやすく、機器の内部に汗が浸透してしまう恐れがあります。これを防ぐためには、こまめに拭いたり、汗対策の乾燥ケースを使用することが大切です。また普段から汗をよくかく方は、別のタイプの補聴器を選択したほうがよいかもしれません。

    耳かけ型は、汗だけではなく湿気にも気をつける必要があります。湿気が多い場所には結露が発生しやすく、耳栓やチューブに結露が溜まると音が出なくなってしまうことがあります。そんなときも、こまめに水滴を拭いてきちんとメンテナンスしましょう。

    ポケット型(箱型)の補聴器

    ポケット型(箱型)は、本体とイヤホンを繋ぐコードの断線によって故障が発生してしまうことが多いです。これは動いたときにコードの存在を忘れてしまい、コードを引っ張ってしまうことでよく起こります。コードがおかしいと感じたら、予備のコードもしくは新しいコードに交換してみてください。

    また、イヤホン部分の汚れやマイクロホン部分の汚れも故障の原因となります。こまめに掃除をして、汚れを落として使うように心がけることが大切です。

補聴器のメンテナンス方法のおさらい

  • 補聴器を購入するときは、保証期間(1年、2年)をちゃんと確認しておくこと。
  • 耳あな型は、耳あかに注意してこまめにフィルターを交換することが大事。
  • 耳かけ型は汗に注意!こまめに拭いて機器に汗が入らないようにしましょう。
  • ポケット型は、知らないうちにコードを引っ張らないように注意が必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る