補聴器の基本と選び方のメニュー

補聴器は高ければ効果があるというわけではなく、片耳装用で済ませようと思うのも適切ではありません。難聴の種類や症状の進行具合を考えながら、自分に合った補聴器を両耳装用で選ぶ必要があります。基本的にネットショップなど口コミの評判だけで選ぶよりも、きちんと試聴できる販売店で実際に試してみてから選んだほうが失敗は少ないと思います。

補聴器は耳から脳への刺激を低下させないための手段でもあるので、聞こえが悪いと感じたら早めに使用するのが理想的です。補聴器に関して個人的に調べてみたことをまとめたので、種類や交付制度などわからないときの参考にされてみてください。

補聴器の基本と選び方のメニュー

ページ上部へ戻る