記事の詳細

補聴器は、タイプ(形)や機能によって価格は様々です。基本的には、搭載されている機能が多くて形が小さくなるほど価格は高くなります。また、価格が高い補聴器であれば良く聞こえるということではありません。補聴器は難聴の種類や程度に合わせて一度試聴してみて、自分に合っているのかを確認することが大切です。

補聴器の一般的な価格の目安

補聴器のタイプ別に、一般的な価格の相場について紹介します。ただし、メーカー、機種、機能性などで価格は大きく変わるので紹介している価格帯が正しいというわけではありません。あくまでも補聴器の購入を考える際の、一つの目安としてご覧ください。

補聴器のタイプ価格の相場・目安補足説明
耳あな型70,000円~400,000円オーダーメイド型よりもレディメイド型のほうが安いですが、耳あな型はオーダーメイド型のほうが一般的です。
耳かけ型50,000円~350,000円通常の耳かけ型よりも、サイズが小さくて目立ちにくいRIC型のほうが価格は高めです。
ポケット型(箱型)30,000円~80,000円ポケット型は、他のタイプの補聴器よりもリーズナブルな価格です。
骨伝導型70,000円~250,000円メガネと一体型になっているタイプが多いです。製造しているメーカーは少ないです。
IIC型470,000円価格はスターキージャパンが販売しているIIC型補聴器「オトレンズ」の希望小売価格です。

「集音器」の価格が安いのはどうして?

大手ショッピングサイトなどネットでも販売されている「集音器」については、薬事法で定められた医療器具ではないので価格が安いです。この集音器は補聴器とは違って特に許可がなくても販売できるもので、効果のあるものもあれば粗悪品も多いようです。

補聴器が交付される制度について

市区町村の役所にある福祉課窓口に申請することで、補聴器が支給される制度があります。ただし、補助制度を受けるためには「身体障害者手帳」が必要です。補助制度の詳しい内容に関しては、補聴器の補助金(補聴器が交付される制度)についての記事をご覧ください。

補聴器の一般的な価格の目安のおさらい

  • タイプ(形)や機能によって補聴器の価格は大きく変わる。
  • 基本的には、載されている機能が多くて形が小さくなるほど価格は高くなる。
  • 価格が高い補聴器であれば良く聞こえるということではない。
  • 集音器は薬事法で定められた医療器具ではないので価格が安い。
  • 難聴の程度によっては、補聴器が交付される制度もある。

関連記事

ページ上部へ戻る