記事の詳細

健康診断による聴力検査ではスクリーニング(ふるい分け)で大まかに検査が行われるだけですが、耳鼻科での聴力検査ではさらに詳しく耳に異常がないかを調べることができます。耳や聞こえに違和感を感じるのであれば、健康診断の結果が異常なしでも満足せずに耳鼻科での検査を受けることをお勧めします。

健康診断とは違い、耳鼻科ではどのような聴力検査を受けられるのでしょうか。ここからは、医療機関で受けることができる「聞こえ」に関する検査の種類とその仕組みについて紹介していきます。

難聴の程度を調べる「純音聴力検査」

純音聴力検査には、聴力検査機器(オージオメーター)を使用します。純音というサイン波を用いて、周波数の高さ(Hz)と音の大きさ(dB)を変えながら、聞こえる最小の大きさ「最小可聴値」を調べます。それぞれのHzとdBの聞き取り具合は聴力図(オージオグラム)で表され、平均聴力レベルとして値(dB)が分かります。

結果の値(dB)によって軽度難聴から重度難聴に分けられ、難聴の進行度合いが明らかになります。進行度合いの目安に関しては、聞こえが悪いと感じたら。難聴の症状と音の大きさの目安を参考にしてみてください。

純音聴力検査では、外耳から入ってくる音の聞き取る聴力「気導聴力」と、外耳を通らず骨を伝わって神経に入る聴力「骨導聴力」を測定します。気導聴力の検査では伝音系と感音系の両方の状況、骨導聴力の検査では感音系の状況を診断します。

言葉の聞き取り具合を調べる「言語聴力検査」

言語聴力検査とは、言葉の聞き取り具合を調べる検査です。ランダムな言葉で音の大きさを変えながら、聞き取りの正確さを求めていきます。言語聴力は、内耳性難聴(内耳にある有毛細胞の劣化や損傷で起こる難聴)よりも、後迷路性難聴(聴神経から脳への伝達経路で起こる難聴)で悪化します。純音聴力が正常だとしても言語聴力が低下している場合があり、このタイプの難聴を「皮質性難聴」と呼びます。

鼓膜の動きを調べる「ティンパノメトリー」

ティンパノメトリーとは、鼓膜の動きを調べる検査です。検査機器を使って外耳道の空気圧を変化させることによって、鼓膜の動き(インピーダンス)を測定します。この検査は、主に滲出性中耳炎を調べるときや、重症度を測るために行われます。

聴覚補充現象を調べるための「内耳機能検査」

内耳機能検査とは、内耳の有毛細胞に障害があると起こる「聴覚補充現象」を調べる検査です。聴覚補充現象とは感音性難聴に伴う聴覚過敏の症状で、聴力が低下しているのに一定の音量が健常耳より響いて聞こえたり、耳に刺激を感じたり、本来感じないはずの音に反応する現象です。

検査には、「ABLB検査」「SISIテスト」「自記オージオメトリー」があります。ABLB検査は、左右の聴力が異なるときに、音が同じ大きさに聞こえるレベルを調べます。SISIテストでは、聞こえるレベルの純音を変化させて、その変化に気づくかどうかを調べます。自記オージオメトリーでは、断続音と連続音を用いて検査をします。

聴力検査の種類と仕組みのおさらい

  • 純音聴力検査では、難聴の程度、気導聴力の状況、骨導聴力の状況を調べます。
  • 言語聴力検査では、言葉の聞き取り具合が正常かどうかを調べます。
  • ティンパノメトリーでは、鼓膜の動きの程度を調べます。
  • 内耳機能検査では、有毛細胞の障害で起こる「聴覚補充現象」を調べます。

関連記事

ページ上部へ戻る