過去の記事一覧

  • 「聞こえ(聴力)」の低下によって引き起こされる心の病

    特に高齢者の方で「聞こえ(聴力)」が低下すると、聴力障害だけではなく他の障害も併せて引き起こされることがあります。難聴といえば「耳鳴り」を伴うことも多いですが、耳鳴りが続くと気になって眠れなくなったり、脳に異常があるのではないかと不安な気持ちになります。また難聴が原因で、人とのコ…

    「聞こえ(聴力)」の低下によって引き起こされる心の病
  • 補聴器の一般的な価格は?相場の目安について

    補聴器は、タイプ(形)や機能によって価格は様々です。基本的には、搭載されている機能が多くて形が小さくなるほど価格は高くなります。また、価格が高い補聴器であれば良く聞こえるということではありません。補聴器は難聴の種類や程度に合わせて一度試聴してみて、自分に合っているのかを確認するこ…

    補聴器の一般的な価格は?相場の目安について
  • 加齢のせいではない?難聴を引き起こす主な原因

    難聴は「年を取ったら起こる老化現象」と考えている方もいらっしゃいます。ですが高齢者の方でも、若者と同じように耳の聞こえが良い方もいらっしゃいます。これまでは「加齢」が難聴の原因だと思われていましたが、実際には加齢と難聴には相関関係がないことが分かっています。2007年10…

    加齢のせいではない?難聴を引き起こす主な原因
  • 老人性難聴は生活習慣の見直しで予防することが可能?

    日本では65歳以上の方の4人に1人は難聴の症状があると言われていますが、高齢者の方でも若者と同じように「聞こえ」が良い方がいるのも事実です。実際に「加齢と難聴には相関関係はない」という調査データもあり、難聴の主な原因として考えられるのは「騒音」と「動脈硬化」の2つであると2007…

    老人性難聴は生活習慣の見直しで予防することが可能?
  • 聴覚障害の原因となる「動脈硬化」を防ぐためにできること

    聴覚障害の主な原因として「騒音」と「動脈硬化」に深い関係性があると考えられています。老人性難聴は生活習慣の見直しで予防することが可能?という記事で紹介したように、難聴を予防するためには根本となる「動脈硬化」を防ぐための生活習慣を見直す必要があります。そこで生活習慣を見直すために、…

    聴覚障害の原因となる「動脈硬化」を防ぐためにできること
  • 補聴器の補助金(補聴器が交付される制度)について

    補聴器には、補助金を受けられる(補聴器が交付される)制度があります。ただし、補助制度を受けるためには「身体障害者手帳」が必要で、健康保険や生命保険では補聴器が支給されません。現状の制度では片耳が聞こえなくても、もう片方の耳が聞こえるのであれば身体障害者手帳が交付されないことが多い…

    補聴器の補助金(補聴器が交付される制度)について
ページ上部へ戻る