過去の記事一覧

  • 騒音性難聴を防ぐためにできる騒音対策のアレコレ

    老人性難聴と同じように、誰にも起こりえる可能性が高い難聴が「騒音性難聴」です。大きな音(80dB以上の音)を長時間連続、繰り返して聞くことで、音を認識するために不可欠な細胞である「有毛細胞」が損傷してしまうことが主な原因だと言われています。騒音性難聴は治療が困難なため、原因となる…

    騒音性難聴を防ぐためにできる騒音対策のアレコレ
  • 難聴を予防するための「イヤホン」「ヘッドホン」の選び方

    スマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーの普及により、私たちは好きな曲を機器に保存して気軽に音楽を楽しめるようになりました。しかし、このことがきっかけで騒音性難聴の一種である「イヤホン難聴」「ヘッドホン難聴」になってしまう方が、若い世代を中心に増えてきています。音楽を…

    難聴を予防するための「イヤホン」「ヘッドホン」の選び方
  • フィッティングって何?補聴器の基本的な調節方法

    補聴器の「フィッティング」とは、使用する人に合わせて聞こえやすいように、補聴器を調節していく作業を総称した言葉です。難聴の種類や進行状況によって、どのタイプの補聴器を選び、どのように調節すれば聞こえやすくなるかが変わってきます。さらに会話を通して補聴器の使い方や注意点などの説明を…

    フィッティングって何?補聴器の基本的な調節方法
  • 治療できる難聴と治療が困難な難聴の改善策

    難聴といっても細かく分ければ様々な種類があり、障害が起きている部位や症状の進行状況によっても治療できる確立が大きく変わってきます。一般的には、外耳から中耳の障害で起こる「伝音性難聴」は治療できる可能性が高く、内耳以降の神経系で起こる「感音性難聴」は治療が困難だと言われています。ま…

    治療できる難聴と治療が困難な難聴の改善策
  • 補聴器は両耳装用で!片耳装用の問題点について

    日本での補聴器の普及率は、世界の他の国に比べると決して高いとは言えません。補聴器を使用している人は中高度難聴以上の方が多く、補聴器が必要だといわれる軽中度難聴の方にはあまり普及していないのが現状です。その背景には、難聴に対するイメージや、日本語という周波数の低い言語の影響もあるか…

    補聴器は両耳装用で!片耳装用の問題点について
  • 突発性難聴になってしまったら早期の治療が大切

    突発性難聴は原因が不明とされている感音性難聴で、何の前触れもなく突然耳が聞こえ難くなります。さらに、めまいや耳鳴り、吐き気を伴うことがあり、発症から時間が経つほど治療が困難となる聴覚障害です。有名人の方でも浜崎あゆみさんや大友康平さん、スガシカオさんなど、突発性難聴を患ったと告白…

    突発性難聴になってしまったら早期の治療が大切
ページ上部へ戻る